夏が来たので最高の冷奴を食べに行った話 ※総走行距離120km(田舎とうふ西平&カネナ醤油)

グッときたらポチッとシェアお願いします!

ザキミヤの佐藤です。
宮崎の夏が好きです。

前回の2km先のスイカを割る「超スイカ割り」からだいぶ時間が空いてしまいました・・・。

夏といえば冷奴ですね。
お豆腐にお醤油を垂らして・・・最高ですよね。

今回、ザキミヤは「ザキミヤ史上最高の冷奴」を求めて120km車を走らせてみました。

どうせなら最高にうまい冷奴を食べたい!

ということで、
木村さんDSC_7298が前から気になっていたお豆腐屋さん(いつも売り切れの看板が出てる)&佐藤おすすめのお醤油屋さんに行くことにしました。

ただ買いに行くのもアレなので、社会科見学も兼ねて・・・。

山之口、青井岳荘の先にある「田舎とうふ西平」さんへ

この看板見たことないですか?

DSC_7872

宮崎から都城方面へ269号線を走っていると青井岳荘を過ぎたあたりに見えてくる看板。

田舎とうふ西平さんです。

木村さん曰く、いつも売り切れの看板が出てて超気になっていた豆腐屋さん。

DSC_7947

早朝7:00・・・田舎とうふ西平さんへ。

中を覗くと、ご主人が黙々と豆腐を作っています。

DSC_7876

DSC_8010

職人の背中はかっこいいな

DSC_7887

DSC_7889

見たことない機械がたくさん・・・

DSC_7912

DSC_7909

DSC_7908

出来上がったお豆腐を切る様子。

DSC_7896

んで、こうなるわけですね。

DSC_7901

田舎とうふ西平さん全面協力!豆腐作り体験をやってみる

さて、早速着替えます

DSC_7878

DSC_7886

やる気充分。
※エプロンは借りましたが、頭のやつは持参。

DSC_7911

いざ出陣。

※木村さんは怒ってるわけじゃありません。

豆乳をこす作業〜にがり投入を体験!

簡単に豆腐が出来上がるまでを説明すると・・・

  1. 水に浸した大豆をすりつぶす
  2. すり潰した大豆に火を通す
  3. 火を通したものを濾過し「豆乳」と「おから」に分ける
  4. 豆乳に「にがり」を混ぜ、固める
  5. 型に入れて圧縮したら豆腐の完成

このなかで

・豆乳に「にがり」を混ぜ、固める

の部分を体験させてもらいます。

これが、すり潰される前の大豆

DSC_7933

これをすり潰すと・・・

ドロドロな感じに。

DSC_7939

それから機械で火を通して・・・

DSC_7950

豆乳とおからに分離させます。

その豆乳をこす作業がコチラ。

DSC_7957

DSC_7961

こした豆乳に「にがり」を加える作業。

DSC_7967

DSC_7971

DSC_7963

この「にがり」で豆腐の硬さとか歯ざわりが変わるらしいです。

にがりを加え、しばらくまつとこうなります。

DSC_7995

おぼろ豆腐な状態ですね。

これを型に入れて・・・

DSC_8000

DSC_8008

プレスすれば・・・

DSC_7916

豆腐になる・・・

DSC_7891

なるほどーーー!

田舎とうふ西平さんでの豆腐作り体験の様子をまとめた動画はコチラ

(3分)

出来立てホヤホヤ豆腐をゲット!

出来た豆腐を袋に詰める作業もお手伝い。

DSC_7978

DSC_7986

ラベリングも。

DSC_7990

豆腐ってこんな感じで作られてるんだなー。

体験するって楽しい!

昔ながらのしっかりした田舎豆腐、味が濃い!

出来立ての豆腐をゲットできました!

田舎とうふ西平さん、ありがとうございました!

DSC_8019

田舎とうふ西平さんの情報はコチラ

■田舎とうふ西平

■電話:0986-57-4673

■住所:宮崎県都城市山之口町山之口2283−33

  • 269号線で宮崎から都城に向かって青井岳荘の先、右側にあります!
  • 電話で取り置きも出来るらしですよ!
  • 道の駅山之口にも置いてるらしいです

さて、次は青島にあるお醤油屋さん「カネナ醤油」さんへ向かいます。

すっげー旨い甘口さしみ醤油を求めて・・・

豆腐をゲットしたあと30km移動して・・・到着です。

DSC_8077

青島にあるお醤油屋さん「カネナ醤油」さん。
正式名称は「長友味噌醤油醸造元」
創業130年・・・すごい。

ここもかなりヤバイです。

大きな桶とか・・・

DSC_8025

※今は使ってないらしいです。

※木村さんは怒ってるわけじゃありません。

大きなタンクとか・・・

DSC_8030

DSC_8029

大きな機械とか・・・

DSC_8043

絞る機械ですね。

DSC_8028

蒸す?焼く?機械ですね。

DSC_8048

これは何に使うのか不明・・・。

うーむ・・・見てるだけで超楽しい!

あとコレ

DSC_8023

わかりますか?

天井にびっしり黒いススみたいなやつ・・・麹菌です。

お醤油屋さんって感じですねー

DSC_8022

なんかワクワクします。

そして、これもすごい。

DSC_8034

読めますか?大正15年って書いてます。

大正15年→1926年、つまり約90年前!!

90年前から使われている箱(もろ蓋)です!

そして極めつけはコレ・・・

2年間仕込んでいるお醤油・・・。
お醤油で作ってるお醤油らしい・・・。

DSC_8041

非売品ですが、このもろみを試食させてもらいました・・・

激旨い!!!濃い!!急激に白ご飯が欲しくなる!

非売品なのが残念・・・

その後、いろいろと説明してもらいます。

DSC_8026

お醤油だけじゃなくお味噌も!

泡がプクプク出てて、マジで生きてるんだなコイツって思いました。

DSC_8055

試食させてもらいましたが、この味噌、超旨い。ヤバイ。

DSC_8052

カネナ醤油さんを見学させてもらった様子をまとめた動画はコチラ

(2分)

ついにザキミヤ史上最高のお豆腐とお醤油がご対面

やっと、ついに、待ちに待った最高の冷奴の実食が近づいてきました。

宮崎〜山之口で30km、山之口〜青島で30km。
合計60km走ってやっと冷奴が食える。

カネナ醤油の甘口さしみ醤油が登場。

※これまじで旨い。

DSC_8066

そして、ザキミヤ史上最高のお豆腐とお醤油がご対面

DSC_8063

田舎とうふ西平さんのお豆腐に・・・・

カネナ醤油さんのさしみ醤油を・・・

DSC_8071

ゆっくりかけまして・・・

DSC_8074

・・・実食!!!

DSC_8075

旨い!!!

あたりまえ!!!

旨い!!!夏!!!

田舎とうふ西平さんの固めで味の濃い木綿豆腐に、甘くてトロッとしたカネナ醤油さんのさしみ醤油が絡んで・・・

「豆腐と醤油の大運動会やーーー!!」

※彦摩呂風

旨すぎて1丁ペロリです。

いやー、醤油って大事。

カネナ醤油さん、ありがとうございました!

DSC_8084

カネナ醤油さんの情報はコチラ

■カネナ醤油(長友味噌醤油醸造元)

■ホームページ:http://kanena.jp/

■電話:0985-65-1226

■住所:宮崎県宮崎市青島5丁目8-1

  • 醸造元でも買えますが、青島のボンデリス、フェニックス道の駅、ビタミン館などにも置いてます
  • Webからも購入できます!
  • ゆずポン酢も激おすすめ

やっぱ職人さん手作りってステキ

今回豆腐作り体験、お醤油屋さん見学、最高の冷奴の実食を通して感じたのは、作り手が見えるって大事だなーと。

便利になった世の中だからこそ、大事にしたい感覚だと思います!

それにしても、職人さんはかっこいい。

PS.

冷奴を食べたあとに、カネナ醤油さんのさしみ醤油を 田舎とうふ西平さんへ持っていったので、さらに30km。

山之口から宮崎市内まで30km・・・合計120kmの冷奴の旅でした。

PPS.

実は地味に盛り上がっています。
LINE@でザキミヤとお友達になってザキミヤ情報をゲットしよう!

佐藤 光倫
ザキミヤ代表。宮崎県ナンバーワンのハンドルキーパー。 好きな食べ物はカレーと焼き肉。お酒は飲めないですが、コーラで酔っ払うことができます。webマーケティングのお仕事してます。
Facebookページ
夏が来たので最高の冷奴を食べに行った話 ※総走行距離120km(田舎とうふ西平&カネナ醤油)
ザキミヤの最新情報を、Facebookページに
いいねしてチェックしよう!

グッときたらポチッとシェアお願いします!

フォローしてください!